位置決め・搬送用途向けACサーボモータ
(New R シリーズ)
アプリケーション例カタログ 簡単教示ツールカタログ 購入ガイドカタログ
位置決め・搬送用途向けサーボモータ シリーズ
モータ画像
新製品はこちら
ダイアディックシステムズだけの簡単サーボシステム
無償貸出制度で、お客様の実機で動作確認をしてからのご購入も可能です。
I/O指令(ON/OFF信号)だけで 16点位置決め(位置、速度、加速度、トルク制御)が可能です。
位置決めユニットやパルス発生器が不要な為、システムの簡素化と低コスト化が実現します。
標準仕様で、シリアル通信 や 各種フィールドネットワーク への対応が可能です。
停止時に微振動がないので、カメラによる検査装置に最適です。
回生処理ユニットについては、こちらをご覧下さい
いろいろな動かし方(制御方法)が可能です。
1台でいろいろな使い方が可能です
用途に応じて、使い分けが可能です。
(1) パラレル接続 で使用 (2) シリアル接続 で使用
(3) 空圧(エアー)互換機能 で使用 (4) セルフコントロール機能 で使用
(5) フィールドバスへの対応 (6) スイッチで動作
サーボモータ仕様
システム型式(ご注文型式)
RSA0211 RCB0411 RSA0411 RSA0611
モータ型式
RMJ0211 モータ/アンフ°一体型 RMJ0411 RMJ0611
アンプ型式
RAD0211 RAD0111 RAD0311
出力(BLモータ相当値)(注1)
W 20 50 50 90
最高回転数
r/min 4,500 4,500 4,500 4,500
最大トルク
N・m 0.11 0.3 0.3 0.6
kgf・cm 1.1 3.1 3.1 6.1
ロータイナーシャ
kg・m2 0.018×10-4 0.076×10-4 0.076×10-4 0.115×10-4
許容最大負荷
イナーシャ限界 (注2)
kg・m2
「回転数−許容最大イナーシャ」 の グラフ を参照
許容摩擦負荷
N・m 0.03 0.083 0.083 0.229
許容アンバランス負荷(注3)
N・m 0.03 0.075 0.075 0.229
許容ラシ゛アル荷重 (注4)
N / kgf 19.6 / 2 以下 49 / 5 以下
許容スラスト荷重
N / kgf 4.9 / 0.5 以下 9.8 / 1 以下 19.6 / 2 以下
位置速度検出器
インクリメンタルエンコーダ 200P/R、(4定倍 800P/R)
アンプ / モータ重量
g 約 400 / 250
約 550
(モータ含む)
約 400 / 500 約 400 / 650
外形図 図1へ 図2へ 図3へ 図4へ
システム型式(ご注文型式)
RSA0611 RSA0911 RSA1211-0101 新製品
RSA1611
モータ型式
RMJ0611 RMJ0911 RMJ1211-01 RMJ1611
アンプ型式
RAD0311 RAD1311 RAD2311-01 RAD0611
出力(BLモータ相当値)(注1)
W 90 60 100 200
(動力電源24V)
300
(動力電源48V)
最高回転数
r/min 4,500 3,500 4,500 4,500
最大トルク
N・m 0.6 0.9 1.2 1.6
kgf・cm 6.1 9.2 12.2 16.3
ロータイナーシャ
kg・m2 0.115×10-4 0.118×10-4 0.269×10-4 0.269×10-4
許容最大負荷
イナーシャ限界 (注2)
kg・m2
「回転数−許容最大イナーシャ」 の グラフ を参照
許容摩擦負荷
N・m 0.229 0.36 0.5 0.5
許容アンバランス負荷(注3)
N・m 0.229 0.36 0.5 0.5
許容ラシ゛アル荷重 (注4)
N / kgf 49 / 5 以下
許容スラスト荷重
N / kgf 19.6 / 2 以下
位置速度検出器
インクリメンタルエンコーダ 200P/R
(4定倍 800P/R)
アンプ / モータ重量
g 約 400 / 650 約 400 / 850
約 400 / 1200
約 400 / 1200
外形図 図4へ 図4へ 図4へ 図4へ
注1. Max1000r/minの三角駆動時の値
注2. 推奨許容最大負荷イナーシャ限界は目安とお考え下さい。詳しくは下図の回転数と許容最大イナーシャのグラフを参照して下さい
注3. 位置決め電流制限値を下げて使用する場合は許容アンバランス負荷の値も下がります
注4. ラジアル荷重の印加点は軸端から10mm内側の位置とします
戻るマーク トップへ
サーボモータ特性グラフ(速度−トルク特性)
戻る図トップへ

ギア付サーボモータ仕様

システム型式(ご注文型式)
RSA0611-G1
RSA0611-G2
モータ型式
RMJ0611-G1 RMJ0611-G2
アンプ型式
RAD0311 RAD0311
最高回転数
r/min 600
300
減速比
1/5 1/10
最大トルク
N・m 1.5 2.5
kgf・cm 15.3 25.5
ロータイナーシャ
kg・m2 0.14×10-4
許容ラジアル荷重
N / kgf 49 / 5 以下 (注1)
許容スラスト荷重
N / kgf 29.4 / 3 以下
バックラッシュ
min 120
位置速度検出器
インクリメンタルエンコーダ 
1000P/R
(4逓倍 4000 P/R)
インクリメンタルエンコーダ 
2000P/R
(4逓倍 8000 P/R)
アンプ / モータ重量
g 約 400 / 900
外形図
図5へ 図5へ
注1. ラジアル荷重の印加点は、軸端から10mm内側の位置とします
注2. ラジアル荷重の印加点は、シャフト軸端から20mm内側の位置とします
※. 使用条件として、正転、逆転を繰り返す用途、急加速、急減速で動かす用途についてはご相談ください
ギア付サーボモータ特性グラフ(速度−トルク特性)
戻るの図トップへ
高精度ギア付きサーボモータ仕様
下記 保守対応品モータ は、最終注文期限(2015年1月末日)を過ぎました。
保守対応品 後継機種 保守対応品 後継機種
システム型式
(ご注文型番)
RSA0611-
G7-05-0201

(シャフトキー溝)
新製品
RSA0611-
G
8-05-0201
(
シャフトキー溝)
RSA1211-
G7-05-0201
(シャフトキー溝)
新製品
RSA1211-
G
8-05-0201
(
シャフトキー溝)
モータ型式
RMJ0611-
G7-05-02
RMJ0611-
G
8-05-02
RMJ1211-
G7-05-02
RMJ1211-
G
8-05-02
アンプ型式
RAD0311-01 RAD0311-01 RAD2311-01 RAD2311-01
最高回転数
r/min 850 850 850 850
減速比
1/5 1/5 1/5 1/5
最大トルク
N・m 3 3 5 5
kgf・cm 31 31 51 51
ロータイナーシャ
kg・m2 0.265×10-4 0.215×10-4 0.419×10-4 0.369×10-4
許容ラシ゛アル荷重 (注1)
N / kgf 600 / 61.2
以下
600 / 61.2
以下
600 / 61.2
以下
600 / 61.2
以下
許容スラスト荷重
N / kgf 300 / 30.6
以下
300 / 30.6
以下
300 / 30.6
以下
300 / 30.6
以下
バックラッシュ
min 8 7 8 7
位置速度検出器
インクリメンタルエンコーダ
1000P/R、
(4定倍 4000P/R)
1000P/R、
(4定倍 4000P/R)
1000P/R、
(4定倍 4000P/R)
1000P/R、
(4定倍 4000P/R)
アンプ/モータ重量
g 約 400 / 1100 約 400 / 1650 約 400 / 2100
約 400 / 2200
外形図
図9へ
注1. ラジアル荷重の印加点は軸端から10mm内側の位置とします
戻るの図トップへ
高精度ギア付サーボモータ特性グラフ(速度−トルク特性)
戻るの図トップへ
全モータ共通電気的仕様
入力電源 動力電源 DC24V±10% 、最大2.0A
RSA0211、RCB0411、RSA0411
RSA0211−G5、RCB0411−G5、RSA0411−G5
動力電源 DC24V±10% 、最大3.0A
RSA0611、、RSA0911、RSA1211
RSA0611−G1、RSA0611−G2、RSA0611−G8、RSA1211−G8
動力電源 DC24V±10% 、最大6.2A / DC48V±5% 、最大6.2A
RSA1611
入力電源 制御電源 DC24V±10% 、最大0.2A
入/出力
信号
パラレル
入力信号
信号名 DC24V系DI/DOインターフェース(コネクタPIO)、
目標位置番号(4ビットバイナリ:PC1,PC2,PC4,PC8)、
+/-方向回転禁止(INH+,INH-)、スタート(CSTR)、
軸移動インターロック(ILK)
入力電流 最大4mA/ポート(シンクタイプの出力回路と接続して下さい)
パラレル
出力信号
信号名 DC24V系DI/DOインターフェース(コネクタPIO)
完了位置番号(4ビットバイナリ:PM1,PM2,PM4,PM8
※但し、RCB0411,RCB0411-G5にはこの信号はありません)、
位置決め完了(PFIN)、アラーム(ALM)、
ゾーン信号(ZONE)、原点復帰完了(ZFIN)
出力電流 最大30mA/ポート(メカシリンダはオープンコレクタ出力です)
シリアル信号 シリアルインターフェース(コネクタSIO)、+5V,0V,S+,S-
保護機能 バンクデータエラー、エンコーダ停止判定エラー、エンコーダカウンタ異常、
原点出し時の設定スピードオーバー、E2PROMチェックサムエラー、
過速度、暴走、動力電源過電圧、回生電圧異常、偏差カウンタ異常、
過負荷、エンコーダ断線(A,B共、Aのみ、Bのみ、
※RCB0411,RCB0411-G5にはこの機能はありません)
LED表示 RDY(ready),ALM(alarm) ※RCB0411,RCB0411-G5は表示なし
アンプ
使用環境
条件
(注1)
使用温度 0〜55℃ ※RCB0411,RCB0411-G5は0〜40℃
保存温度 -20〜60℃
使用・保存湿度 20〜80%RH以下 ※但し、結露なきこと
耐振動/耐衝撃 0.5G/2G (3回)
アンプ構造 ベースマウント ※RCB0411,RCB0411-G5はモータ/アンプ一体型
モータ絶縁階級 E種 (※RSA0211 はB種)
モータ保護形式 IP40
使用周囲
条件
使用温度 0〜40℃
保存温度 -20〜60℃
使用・保存湿度 90%RH ※但し、結露なきこと
耐振動/耐衝撃 2.5G/10G (2回)
モータ取付方法 フランジ取付け
注1. モータの耐振動/耐衝撃については、サーボモータの軸を水平に取り付けて場合です。尚、耐衝撃の値は上下方向に加わった場合です
入出力信号名と機能
番号 名称
機能
1 電源 +24V 動力回路のDC24V電源の+側入力
2 0V 動力回路のDC24V電源の-側入力
3 +24V 制御回路のDC24V電源の+側入力
4 0V 制御回路のDC24V電源の-側入力
5 入力 PC1 目標位置番号入力(目標位置番号:PC1,PC2,PC4,PC8の示す合計)
6 PC2 目標位置番号入力(目標位置番号:PC1,PC2,PC4,PC8の示す合計)
7 PC4 目標位置番号入力(目標位置番号:PC1,PC2,PC4,PC8の示す合計)
8 PC8 目標位置番号入力(目標位置番号:PC1,PC2,PC4,PC8の示す合計)
9 CSTR 目標位置番号ストローブ入力(オフ⇒オンで目標位置番号の合計を読み込み移動開始)
10 *INH+ +方向回転禁止入力(オフで禁止)、原点復帰時の+方向原点センサ入力
11 *INH- -方向回転禁止入力(オフで禁止)、原点復帰時の-方向原点センサ入力
12 *ILK 回転移動インターロック入力(一時停止モードと移動キャンセルモードが選択可能)
13 NC 何も接続しないで下さい
14 NC 何も接続しないで下さい
15 出力 PM1 目標位置番号出力(目標位置番号:PC1,PC2,PC4,PC8の示す合計)。
RCB0411、RCB0411-G5では出力されていません。
16 PM2 目標位置番号出力(目標位置番号:PC1,PC2,PC4,PC8の示す合計)
RCB0411、RCB0411-G5では出力されていません。
17 PM4 目標位置番号出力(目標位置番号:PC1,PC2,PC4,PC8の示す合計)
RCB0411、RCB0411-G5では出力されていません。
18 PM8 目標位置番号出力(目標位置番号:PC1,PC2,PC4,PC8の示す合計)
RCB0411、RCB0411-G5では出力されていません。
19 PFIN 位置決め完了出力(目標位置に停止した時、オンになります)
20 ZFIN 原点復帰完了出力(原点復帰後、オンになります)
21 ZONE ゾーン信号出力(予め、指定した領域内に入っている時、オンになります)
22 *ALM アンプ警報出力(正常時はオンを出力します)
23 VB 回生ユニットを使用時に接続します。それ以外では接続しないで下さい。
24 FG フレームグランド
外形図
図1.システム型名:RSA0211
(シャフトDカット)
戻るの図戻る
図2.システム型名:RCB0411
(モータアンプ一体型、シャフトDカット)
戻るの図戻る
図3.システム型名:RSA0411
(シャフトDカット)
戻るの図戻る
図4.システム型名:RSA0611 / RSA0911 /
RSA1211 / RSA1611
(シャフトDカット)
戻るの図戻る
図5.システム型名:RSA0611-G1/G2
(シャフトキー溝)
戻るの図戻る
図9.システム型名:
RSA0611-G8-05-0201
戻るの図戻る
図10.システム型名:
RSA1211-G8-05-0201
戻るの図戻る
図11.サーボアンプ外形図(ギア付き/ギア無しとも共通)
安全規格について
CEマーク Rシリーズサーボシステム(RCB0411 を除く) 並びに SCN5 シリーズメカシリンダには、下記のEC指令に適合することを示すCEマークを貼付しております。

EMC Directive 89/336/EEG
その他の機種のCEマーキング 及び 他の安全規格への対応に関しましては、対象機種を特定の上、弊社営業窓口にお問合せ下さい。

アプリケーション例カタログ 簡単教示ツールカタログ 購入ガイドカタログ
 
その他、ご不明な点がございましたら、下記までお問い合わせください。
お問い合わせ先