コンパクト/高剛性ロッドレスメカシリンダ
(SCKSF4/SCKSF6 シリーズ)
ご購入ガイド

ホーム > 商品案内 > コンパクト/高剛性ロッドレスメカシリンダ > 購入ガイド >
このページはお客様がダイアディックシステムズのメカシリンダ(電動シリンダ)、及び周辺ツールを
ご購入するにあたってのご購入ガイドです
SCKSF6シリーズの場合は こちら をクリックして下さい
1.SCKSF4 シリーズ ご購入が初回の場合
パソコン設定ツール、又は、ティーチングBOX のどちらかは必ず必要になります
パソコンで設定する場合
ティーチングBOXで設定する場合
パソコン設定ツールの場合
ティーチングBOXの場合
パソコン設定ツールの場合(必要な物) ティーチングBOXの場合(必要な物)
製品名 型名 数量 上図
構成品
製品名 型名 数量 上図
構成品
1 パソコン
設定ツール
TBVST-CTC
-JP-SET
1セット
1,3,4,5,6
1 ティーチング
BOX
CTA-23
-SET
1セット
2,5
製品名 型名 数量 上図
構成品
2 ロッドレスメカシリンダ SCKSF4-020-□□□-S 注意1、2、 1台 8
3 パラレル接続ケーブル RP9120-□□□ 注意3 1本 7
注意1) メカシリンダ型名の □□□ はストローク長を表します。
ストローク長は、300mm 〜 900mmまで、50mmピッチになります。
300mm は 300、900mm は 900 と記入して下さい。
注意2) ケーブル出口方向は、お客様で取付け方向を変更していただけます。
注意3) パラレル接続ケーブル型名の □□□ はケーブル長を表します。
標準在庫は、1m、3m、5m、10m で、1m は 010、10m は 100 と記入して下さい。
詳細は、ここを クリック して下さい。
ご参考
製品名 型名 数量 補足
1 可動用 パラレル接続ケーブル RP9120-□□□R2 1 注意1
2 シリアル制御用 パラレル接続ケーブル RP9123-□□□ 1 注意1
3 可動用 シリアル制御用 パラレル接続ケーブル RP9123-□□□R2  1 注意1
4 回生処理ユニット REG-1024 1 注意2
注意1) 可動用ケーブルとは、ケーブルが固定されないで動く場所に使用されるケーブルです。標準のケーブルに比べて、耐屈曲性、耐捻回性、耐摺動性、耐振性に優れています。
シリアル制御用パラレル接続ケーブル とは、I/O制御用の入力信号線(PC1、PC2、PC4、PC8、CSTR)、 出力信号線(PM1、PM2、PM4、PM8、ZFIN、ZONE)を省略して省配線になっております。
パラレル接続ケーブル型名の □□□ はケーブル長を表します。
標準在庫は、1m、3m、5m、10m で、1m は 010、10m は 100 と記入して下さい。
詳細は、ここを クリック して下さい。
注意2) サーボモータが回転することで発生するエネルギー(回生エネルギー)を消費する、別置きの抵抗ユニットです。詳細は、ここを クリック して下さい。
2、SCKSF4シリーズ ご購入が二回目以降の場合
データ設定ツール(パソコン設定ソフト、又は、ティーチングBOX)は
すでにお持ちですので、二回目以降はご購入の必要はありません
製品名 型名 数量 上図
構成品
1 ロッドレス メカシリンダ SCKSF4-020-□□□-S 注意1、2、 1台 8
2 パラレル接続ケーブル RP9120-□□□ 注意3 1本 7
注意1) メカシリンダ型名の □□□ はストローク長を表します。
ストローク長は、300mm 〜 900mmまで、50mmピッチになります。
300mm は 300、900mm は 900 と記入して下さい。
注意2) ケーブル出口方向は、お客様で取付け方向を変更していただけます。
注意3) パラレル接続ケーブル型名の □□□ はケーブル長を表します。
標準在庫は、1m、3m、5m、10m で、1m は 010、10m は 100 と記入して下さい。
詳細は、ここを クリック して下さい。
3.SCKSF6シリーズ ご購入が初回の場合
パソコン設定ツール、又は、ティーチングBOXのどちらかは必ず必要になります
パソコンで設定する場合
ティーチングBOXで設定する場合
パソコン設定ツールの場合(必要な物) ティーチングBOXの場合(必要な物)
製品名 型名 数量 上図
構成品
製品名 型名 数量 上図
構成品
1 パソコン
設定ツール
TBVST-CTC
-JP-SET
1セット
1,3,4,5,6
1 ティーチング
BOX
CTA-23
-SET
1セット
2,5
製品名 型名 数量 上図
構成品
2 ロッドレスメカシリンダ SCKSF6-020/030-□□□-B 注意1,2 1台 8
3 パラレル接続ケーブル RP9120-□□□ 注意3 1本 7
4 モータ・エンコーダ延長ケーブル RP9135-□□□ 注意4 1セット 9
注意1) メカシリンダ型名の □□□ はストローク長を表します。
ストローク長は、700mm 〜 1300mmまで、50mmピッチ になります。
700mm は 700、1300mm は 1300 と記入して下さい。
注意2) ケーブル出口方向は、お客様で取付け方向を変更していただけます。
注意3) パラレル接続ケーブル型名の □□□ はケーブル長を表します。
標準在庫は、1m、3m、5m、10m で、1m は 010、10m は 100 と記入して下さい。
詳細は、ここを クリック して下さい。
注意4) メカシリンダ本体からは 0.7m 、アンプからは 0.3m のケーブル長で、標準では本体とアンプ間は 1m になります。本体とアンプ間を延長する場合に、ご利用下さい。
モータ・エンコーダ延長ケーブル型名の □□□ はケーブル長を表します。
標準在庫は、1m、2m、3m、4m、5m、9m で、1m は 010、9m は 090 と記入して下さい。
詳細は、ここを クリック して下さい。また、10m〜20mについてはご相談下さい。
ご参考
製品名 型名 数量 補足
1 可動用 パラレル接続ケーブル RP9120-□□□R2 1 注意1
2 シリアル制御用 パラレル接続ケーブル RP9123-□□□ 1 注意1
3 可動用 シリアル制御用 パラレル接続ケーブル RP9123-□□□R2  1 注意1
4 可動用 モータ・エンコーダ延長ケーブル RP9135-□□□R2 1 注意2
5 回生処理ユニット REG-1024 1 注意3
注意1) 可動用ケーブルとは、ケーブルが固定されないで、動く場所に使用されるケーブルです。標準のケーブルに比べて、耐屈曲性、耐捻回性、耐摺動性、耐振性に優れています。
シリアル制御用パラレル接続ケーブル とは、I/O制御用の入力信号線(PC1、PC2、PC4、PC8、CSTR)、 出力信号線(PM1、PM2、PM4、PM8、ZFIN、ZONE)を省略して省配線になっております。
パラレル接続ケーブル型名の □□□ はケーブル長を表します。
標準在庫は、1m、3m、5m、10m で、1m は 010、10m は 100 と記入して下さい。
詳細は、ここを クリック して下さい。
注意2) メカシリンダ本体からは 0.7m 、アンプからは 0.3m のケーブル長で、標準では本体とアンプ間は 1m になります。本体とアンプ間を延長する場合に、ご利用下さい。
モータ・エンコーダ延長ケーブルの □□□ はケーブル長を表します。
標準在庫は、1m、2m、3m、4m、5m、9m で、1m は 010 と記入して下さい。
詳細は、ここを クリック して下さい。また、10m〜20mについてはご相談下さい。
注意3) サーボモータが回転することで発生するエネルギー(回生エネルギー)を消費する、別置きの抵抗ユニットです。詳細は、ここを クリック して下さい。
4、SCKSF6シリーズ ご購入が二回目以降の場合
データ設定ツール(パソコン設定ソフト、又は、ティーチングBOX)は
すでにお持ちですので、二回目以降はご購入の必要はありません
製品名 型名 数量 上図
構成品
1 ロッドレス メカシリンダ SCKSF6-020/030-□□□-B 注意1,2 1台 8
2 パラレル接続ケーブル RP9120-□□□ 注意3 1本 7
3 モータ・エンコーダ延長ケーブル RP9135-□□□ 注意4 1セット 9
注意1) メカシリンダ型名の □□□ はストローク長を表します。
ストローク長は、700mm 〜 1300mmまで、50mmピッチ になります。
700mm は 700、1300mm は 1300 と記入して下さい。
注意2) ケーブル出口方向は、お客様で取付け方向を変更していただけます。
注意3) パラレル接続ケーブル型名の □□□ はケーブル長を表します。
標準在庫は、1m、3m、5m、10m で、1m は 010、10m は 100 と記入して下さい。
詳細は、ここを クリック して下さい。
注意4) メカシリンダ本体からは 0.7m 、アンプからは 0.3m のケーブル長で、標準では本体とアンプ間は 1m になります。本体とアンプ間を延長する場合に、ご利用下さい。
モータ・エンコーダ延長ケーブル型名の □□□ はケーブル長を表します。
標準在庫は、1m、2m、3m、4m、5m、9m で、1m は 010、9m は 090 と記入して下さい。
詳細は、ここを クリック して下さい。また、10m〜20mについてはご相談下さい。

その他、ご不明な点がございましたら、下記までお問い合わせください。
お問い合わせ先