SCLG6
従来のSCLL6シリーズ に ミニチュアLMガイド を内蔵しました
価格、機械寸法はSCLL6と同じです

高剛性ロッドレス シリンダ
(SCLG6-020/030-□□□-B):推力20/30kg

ホーム > 商品案内 > SCLG6-020/030シリーズ >
必要な資料です、ご覧下さい ロッドレスタイプ の他機種を選択出来ます
1.1. 従来のSCLL6シリーズにミニチュアLMガイドを内蔵しました
価格、機械寸法はSCLL6と同じです
(1) SCLG6-030シリーズは、標準で ブレーキ機能、バッテリーレスアブソリュート仕様 です
(2) SCLG6-030シリーズは、垂直方向最大可搬重量が20kgです
(3) SCLG6シリーズは、水平方向最大可搬重量が20kgです
1.2.エアーシリンダ と比べて 省エネ、シンプル、高機能 です
(1) 設定ポイント数は 最大16ポイント です
(2) 位置決め動作、ピッチ送り動作、押付動作 が可能です
(3) 加減速度、移動速度 の設定が可能です
1.3.用途に応じて、1台で いろいろな使い方が可能です
下の各図をクリックして頂くと、それぞれの説明ページが表示されます。
1台でいろいろな使い方が可能です
用途に応じて、使い分けが可能です。
(1) パラレル接続 で使用 (2) シリアル接続 で使用
(3) 空圧(エアー)互換機能 で使用 (4) セルフコントロール機能 で使用
(5) フィールドバスへの対応 (6) スイッチで動作

2.仕様

システム型式
SClG6-030-□□□-B
SClG6-020-□□□-B
ストローク(mm)
200
300
400
500
600
700
800
1000
200
300
400
500
600
700
800
1000
最大推力 (N) / (kgf):typ値
300 / 30.6
200 / 20.4
押付モード時最大推力 (N)/(kgf):typ値
280 / 28.6
140 / 14.2
最大速度(mm/s):typ値 at25℃
150
140
110
75
300
280
230
150
繰返し位置決め精度(mm)
±0.01 (短時間繰返し位置決め精度) 注1)、注2)
ロストモーション(mm)
0.3
水平方向最大可搬重量(kg)
20
垂直方向最大可搬重量(kg)
20
10
許容負荷モーメント (N・m / kgf・cm)
Mp=6/60、My=6/60、Mr=10/100 (注3)
位置決めポイント数
16 (但し、シリアル接続時無制限)
電源
DC24V±10 % (動力電源 最大 3.0A、制御回路電源 最大 0.2A)
入/出力信号
パラレル入力信号
信号名
DC24V系DI/DOインターフェース(コネクタPIO)
目標位置番号(4ビットバイナリ:PC1,PC2,PC4,PC8)、
スタート(CSTR)、軸移動インターロック(ILK)
入力電流
最大 4mA/ポート (シンクタイプの出力回路と接続して下さい)
パラレル出力信号
信号名
DC24V系DI/DOインターフェース(コネクタPIO)
完了位置番号(4ビットバイナリ:PM1,PM2,PM4,PM8)、
位置決め完了(PFIN/INP)、アラーム(ALM)、
ゾーン信号(ZONE)、原点復帰完了(ZFIN)
出力電流
最大 30mA/ポート (オープンコレクタ出力です)
シリアル信号
シリアルインターフェース(コネクタSIO)
+5V、5G、TRx+、TRx-
保護機能
過速度、主電源過電圧、回生電圧異常、過負荷、
センサ異常、サーボ異常、エンコーダ断線
環境条件
使用温度
0 〜 40 ℃
保存温度
-20 〜 60 ℃
使用・保存湿度
≦ 90 % RH 但し、結露なきこと
シリンダ重量(kg)
2.7
3.7
4.7
5.7
6.7
7.7
8.7
10.7
2.7
3.7
4.7
5.7
6.7
7.7
8.7
10.7
サーボアンプ重量(kg)
0.5
※) 製品改良のため、定格、仕様、寸法などの一部を予告なしに変更することがあります
注1) 電動シリンダのストローク両端に原点出し用ウレタンゴム(ショア90)を使用しております。ウレタンゴムの経時変化は最大0.05〜0.07mm/1〜2年程度と推定します。 従って、経時変化により原点位置が最大0.07mm程度シフトする可能性が考えられますので、ユーザ様の使用方法によってはデータ補正等の 処理が必要になる場合があります。
また、工場出荷時の原点位置は、後退端(モータ側)原点となっています。原点位置を前進端側(反モータ側)にてご使用の場合は、ティーチングツールにて変更して下さい。
注2) 一方向からの位置決めとします
注3) 負荷モーメント
ワーク (m kg) がスライダ(キャリヤ)部から張り出し (L cm)て取り付けられた時に発生する負荷
負荷モーメントの求め方 (kgfcm ) : m( kg )×L( cm )<Mp、My、Mr
実際は、3方向の負荷モーメント (Mp、My、Mr)が複合でかかりますので、ご注意願います
モーメント荷重の説明の図です
3.1.メカシリンダ(電動シリンダ)外部接続図

メカシリンダ(電動シリンダ)の入力回路は下図に示すように、
非絶縁形のシンク駆動専用回路となっており、
シンク型の出力回路を使用して、0V側とショート(ON)、
又はオープン(OFF)の2状態で使用する必要があります。
出力回路は下図に示すようなオープンコレクタ出力となっておりますので、
誘導負荷(コイルなど)を駆動する場合は
必ず外部にサージ吸収用ダイオードをつけてご使用ください
入力等価回路です
出力等価回路です
電動シリンダ入力等価回路
電動シリンダ出力等価回路
3.2.入出力信号名と機能詳細
ピン
番号
信号名 入/出力 名称 機能
1 +24V 電源 主回路(動力)電源 主回路(動力)のDC24電源の+側入力
2 0V 電源 主回路(動力)電源 主回路(動力)のDC24電源の−側入力
3 +24V 電源 制御回路電源 制御回路のDC24V電源の+側入力
4 0V 電源 制御回路電源 制御回路のDC24V電源の−側入力
5 PC1 入力 目標位置番号入力 目標位置番号:PC1,PC2,PC4,PC8の示す合計
6 PC2 入力 目標位置番号入力 目標位置番号:PC1,PC2,PC4,PC8の示す合計
7 PC4 入力 目標位置番号入力 目標位置番号:PC1,PC2,PC4,PC8の示す合計
8 PC8 入力 目標位置番号入力 目標位置番号:PC1,PC2,PC4,PC8の示す合計
9 CSTR 入力 移動開始信号 オフ→オンで目標位置番号の合計を読込、移動開始します
10 INH+ 入力 +方向回転禁止入力 接続しないで下さい
11 INH- 入力 −方向回転禁止入力 接続しないで下さい
12 *ILK 入力 非常停止入力 「一時停止モード」と「移動キャンセルモード」が選択可能
13,14 - - NC 何も接続しないで下さい
15 PM1 出力 目標位置番号完了出力 目標位置番号到達出力:PC1,PC2,PC4,PC8の示す合計
16 PM2 出力 目標位置番号完了出力 目標位置番号到達出力:PC1,PC2,PC4,PC8の示す合計
17 PM4 出力 目標位置番号完了出力 目標位置番号到達出力:PC1,PC2,PC4,PC8の示す合計
18 PM8 出力 目標位置番号完了出力 目標位置番号到達出力:PC1,PC2,PC4,PC8の示す合計
19 PFIN 出力 位置決め完了出力 目標位置に停止した時、オンします
20 ZFIN 出力 原点復帰完了出力 原点復帰後、オンします
21 ZONE 出力 ゾーン信号出力 予め設定した領域内に入っているとき、オンします
22 *ALM 出力 アラーム出力 異常時、オフします(正常時はオンします)
23 VBUS 出力 内部バス電圧 回生ユニットを使用時に接続します(注意1)
24 FG - フレームグランド アースに接続して下さい
注意1) 回生ユニット以外には接続しないで下さい(0Vへは接続しないで下さい)。
4.メカシリンダ(電動シリンダ)の「速度−推力」特性(at 25℃、typ値)
SCLG6−020 シリーズ
SCLG6−030 シリーズ
 5.外形図(クリックすると拡大された外形図が開きます)
 
その他、ご不明な点がございましたら、下記までお問い合わせください。
お問い合わせ先
 
(クリック) PLC(シーケンサ)やスイッチでのオン/オフ信号での制御方法 (クリック) シリアルでの制御方法 (クリック) エアー互換機能 (クリック) セルフコントロール機能 (クリック) フィールドバス(CC-Link)への対応 (クリック) いろいろな制御方法があります